2017年度(第17期)

「災害ボランティア実践道場」第2回 募集案内

災害時の情報支援・生活再建の法的知識の備え
~東日本大震災・熊本地震等5万件超の被災者相談事例に学ぶ~

災害から生き残ったのち、どうやって生活を立ち上げていけばよいのでしょうか。

「被災するとはどういうことか」、「防災や危機管理の本質とは何か」、「生活再建のための知識の備えとは何か」、講師から参加者の皆さまに問いかけ「気付き」を得ていただくスタイルも取り入れながら進めていきます。
 
日時 2017年12月2日(土)13時から16時まで
場所 アストプラザ 研修室A (津市羽所町700 アスト津4階)
講師 銀座パートナーズ法律事務所 弁護士・法学博士 岡本 正 さん
 
◆プログラム
 (1)防災の本質論(津波犠牲者訴訟と安全配慮義務の事例に学ぶ)
 (2)災害時における被災者や事業者の「リーガルニーズ」の具体例とデータ
 (3)災害から生活再建をするための制度知識を学ぶ
◆定員 50名
◆参加費 1,000円
◆対象 行政、社会福祉協議会、企業、商工会議所、教育関係者、PTA、一般
   (リスクマネジメント・BCP・BCM担当の方におすすめです。)
◆参加申込(申込期限11月30日)

申込方法
LinkIconwebフォームでお申込ください。
 携帯で申し込まれる方はこちらのQRコードから
お問い合わせ・お申し込み先
特定非営利活動法人みえ防災市民会議 事務局 〒516-0005 三重県伊勢市竹ヶ鼻町170-1 TEL 080-3669-9820 FAX 059-993-0831 e-mail webmaster@v-bosaimie.jp
主催
特定非営利活動法人みえ防災市民会議
後援
三重県・社会福祉法人三重県社会福祉協議会・三重県教育委員会


2017年度(第17期)

「災害ボランティア実践道場」第1回(終了しました)
 災害ボランティアバスの出し方
『とっても具体的に』教えます

 災害が起こったとき、被災された方々の復旧・復興に寄り添い勇気づける災害ボランティアをたくさん被災地に送り届ける事ができる「災害ボランティアバス」事業
 安全に、法令を守って、被災者にも参加するボランティアにも有意義な災害ボラバス事業を企画するにはどうしたらよいか、具体的に企画を考えながら学び合いませんか?
◆日 時:2017年9月10日(日)13:30〜16:30
 13:30~13:40 開会
 13:40~14:40 講義(災害ボラバスの意義、関連法令、安全運行の考え方)
 14:50~16:20 グループワーク(災害ボラバス事業を企画してみよう)
 16:20~16:30 閉会
◆場 所:みえ県民交流センター 交流スペースA
      (三重県津市羽所町700番地 アスト津3階)
◆講 師:特定非営利活動法人みえ防災市民会議 議長 山本康史
◆参加費:1,000円(資料代、災害ボラパックマニュアル)
◆定 員:20名
◆対 象:・災害ボランティアバス事業を企画する方
     (防災ボランティア・NPOの方、県・市町の防災・ボランティア担当の方、
      社会福祉協議会職員、中間支援NPOの方、学校関係者 など)
     ・その他、日頃バスやワゴンの移動を伴う事業を行っているNPO・ボラン
      ティア団体の方

LinkIconチラシはこちら

申込方法
終了しました
お問い合わせ・お申し込み先
特定非営利活動法人みえ防災市民会議 事務局 〒516-0005 三重県伊勢市竹ヶ鼻町170-1 TEL 080-3669-9820 FAX 059-993-0831 e-mail webmaster@v-bosaimie.jp
主催
特定非営利活動法人みえ防災市民会議